[PR]

かぼちゃ健康法

かぼちゃは豊富な栄養素をバランスよく含んでいる優れた食材です。かぼちゃはカロチンやビタミンB群を多く含んでおり、特にβ-カロチンが豊富なことで有名です。

このβ-カロチンは細胞の老化を防ぎ、免疫力を強化してくれる働きがあるので、細菌やウィルスによる病気を予防してくれます。

他にも、ポリフェノールやビタミンC,E、カリウムなども多く含まれており、高血圧、がん予防、動脈硬化の予防など、様々な薬効が期待できます。

またかぼちゃには身体を温める効果もあり、冷え性の予防・改善にも大きな効果が期待できます。温かいスープにして飲むとさらに保温効果も危害出来るでしょう。

冬至にかぼちゃを食べる習慣があるのは、昔の人が、寒い時期に体を温めたり風邪などの病気を予防する効果があることを経験上学んでいたからかもしれません。

また時期的に、かぼちゃは夏野菜ですがしばらく熟成させておくと美味しくなるので、秋~冬の食べ物というイメージが強いのでしょう。

このようにかぼちゃに含まれる栄養素は身体に非常に良い成分が多く、健康法として常食すると身体の調子を良くしたり、病気を防いでくれる働きがあります。

かぼちゃといえばオレンジ色の果肉の部分を使うレシピがほとんどで、煮物では皮まで使うこともありますが、わたや種が使われることはほとんどありません。

しかしかぼちゃを健康法として考えた場合、種の部分には果肉の部分にも負けない大きな栄養効果があるので、捨ててしまうのはもったいないです。

具体的には、カルシウムやミネラル、タンパク質、ビタミンB群、鉄分など。あまり知られていない成分としてはリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸という成分も多く含まれています。

不飽和脂肪酸は脂質の材料で、身体を動かすエネルギー源になると同時に、コレステロールの量の調整を助ける働きがあるので、健康法に活用できるととても良い栄養素です。

とはいっても、普段かぼちゃは果肉と皮の部分を使うのがほとんどですから、わたや種の部分はどうすればいいのかと悩む方も多いでしょう。果肉だけでなくわたや種もかぼちゃの健康法に取り入れるための料理をいくつかご紹介します。

まずかぼちゃのわたですが、酢の物やスープやサラダなど、様々なレシピに活用できます。煮物にする場合にもこの部分を取り除かずに調理してしまうという方法もあります。

手軽に食べやすいレシピはやはりスープでしょう。電子レンジで温めてからミキサーに入れるだけで簡単スープができてしまいます。

ただしわたの部分を食べる際には少し注意も必要で、カットされたかぼちゃを購入する場合、腐敗防止の薬品がかかっていることもあるので、表面付近は避けて使う方が良いでしょう。

次に、かぼちゃの種の部分です。かぼちゃの健康法を語るのなら、種を外すことは出来ないでしょう。悪玉コレステロールを撃退してくれたり、ポリフェノールが多く含まれていたりと、健康法として活用できる栄養素がたくさんあります。

かぼちゃの種はご飯にまぜて炊き込みにしたり、おつまみにしたり、お菓子を作る際のアクセントにと、様々な活用法があります。

また、種をしっかりと洗って天日干しにしフライパンで炒れば、お手軽な保存食の出来上がりです。この際、食べる前に皮は剥くようにしてください。炒る前に剥く方が少し楽ですが、剥くのが先でも炒るのが先でもどちらでも構いません。

また、炒った種はお茶にすることもできます。おやつやちょっとした休憩の際に行うかぼちゃ健康法として、種でつくったお菓子やお茶を用意しておくのも良いでしょう。

ほかにもかぼちゃを全て有効活用できる健康法レシピというのは様々なものがあります。インターネットで簡単に調べられますので、自分の好きなものを作ってみると良いでしょう。

お薦めサイト一覧

腰部脊柱管狭窄症について詳しく知りたい方はこちらのサイトをご覧ください。

腰椎椎間板ヘルニアの専門サイトはこちらからご覧いただけます。

頚椎ヘルニアについて詳しく記載されているサイトはこちらからご案内致します。

ブロック注射の専門サイトはこちらからご覧頂けます。

すべり症の専門サイトはこちらからご覧頂けます。

新着情報

 2017年03月23日:様々な健康維持の方法の一つの運動
 2017年01月04日:TOP
 2016年12月07日:虫歯対策と健康食品