かぼちゃ健康法.com » 虫歯対策と健康食品

虫歯対策と健康食品

虫歯とは、虫歯菌による酸によって歯が溶けてしまい、穴が開いたり欠けたような状態になってしまう病気です。

また歯は食事によって溶ける場合もありますので、歯の健康には食事に気をつけることも大切です。酸を含むもの、つまり酸っぱいような味を持っている食事によって健康な歯もダメージを受けやすいものです。

健康な歯は再石灰化という作用をもたらすことができます。この力を強化すれば、影響のある食事をした後で溶けてしまった部分を戻すことが可能になります。

またこの再石灰化は唾液が促進させ、食事の間隔は空けたほうが歯の健康効果が高まります。また砂糖などの糖分を多く含んだものを摂取すると、再石灰化は停止しやすくなります。また寝ている間は修復作用が起こりません。

寝る前にすっぱいものを食べるのは、歯の酸蝕症を進行させてしまいますので注意が必要です。ですが逆に予防策として使える健康食品もあります。

例えば、あまり負担のかからないガムを噛むことです。トクホ(特定保健用食品)としても認定されている、お馴染みのキシリトールを含んだガムを噛むと、同時に唾液の分泌を増やしなから効果的に歯の再石灰化を促すため、歯の健康に役立ってくれます。

キシリトールは虫歯の原因はなり得ない甘味料です。またフクロノリ抽出物(フノラン)、リン酸一カルシウムなどと共に再石灰化の増強、歯の健康にも貢献します。

一般に虫歯の元凶、歯の健康の大敵はやはり糖分と言えます。甘いものをできるだけ避け、余分に採るような場合は食べた後できるだけ早くブラッシングして食べカスを外に吐き出す癖をつけるのが大切です。健康を意識した歯磨きにはフッ素入りのものが効果的です。

毛先を歯にしっかりと無駄なく当てて、軽めに、小刻みに磨く習慣を付けることが歯の健康を維持するコツです。また歯ブラシは定期的に取替え、特に毛先が曲がってきたらそれは使用できないと判断すべきです。

カルシウムはもちろん大切です。カルシウム、カテキン、キシリトール、あたりが歯の健康を保つ3つの大きな要素である、と言えます。